概要

25年間の診療実績

スポーツ医学総合センター(旧称:スポーツクリニック)は1992年に開設しました。大学病院の中のスポーツ診療としては,国内で最も歴史ある施設のひとつです。アスリートの診療だけでなく,プロ・アマ問わず多くのチーム,団体のサポートも行ってきました。2009年より名称を現在の「スポーツ医学総合センター」と改め,既存の科を超えたスポーツ,運動の視点からの診療に加えて,研究や教育を行うクラスター診療科として活動を続けています。

スポーツ選手や体育会学生のスポーツ傷害の治療(医学がスポーツに貢献する分野),種々の疾病をもった患者さんの運動療法の充実(スポーツが医学に貢献する分野)という,スポーツと医学の双方向性の貢献を実現する場として,整形外科や内科をはじめ多くの診療科が参画しております。
そのため,スポーツ・運動の視点から,整形外科,内科といった既存の科の枠組みを超えて,競技スポーツ・生涯(レクリエーショナル)スポーツに多くの人がかかわるための全般的サポートを行うことが可能であり,大きな特徴です。

 

ご挨拶

がんばるアスリートを支える

スポーツ医学総合センターでは「科学的根拠に基づいた安全な医療」,「スポーツ復帰に向けたチーム医療」,「高度な専門家による最先端の医療」を皆様に提供いたします。小学生,中学生,高校生,大学生,社会人,部活,サークル,体育会,プロ,実業団,スポーツ愛好家すべての方,地区大会から日本代表レベルまですべての方に受診いただけます。お気軽にご相談ください。

教授・診療部長:佐藤和毅