golf swing.jpgWS000042.JPGWS00004011.JPGP2260788のコピー.jpg

膝ACL再建術後の動作解析とリハビリプログラムの開発

━━━研究の目的

  • rehaprotcol.jpg手術を受けたアスリートに対するリハビリテーションの使命は,安全かつ可及的速やかに,受傷前と同等もしくはそれ以上のパフォーマンスをもって,スポーツ復帰を達成させることです。当センターでは,科学的根拠に基づいたプログラムを作成するとともに,運動学,運動力学および神経生理学的側面から様々な動作を解析し,より効果的なリハビリテーションを提供できるよう研究しています。

━━━具体例

  • これまでに,たとえば,「両脚で軽いジャンプをした際の,患側と健側の動作比較」を解析しました。その結果,術後8か月経過して十分な筋力回復を達成し,ほぼ全力で走れる患者でも,踏切の力や筋肉の活動量に患健差があることが分かりました。この結果から単脚の運動機能を最大限回復/向上させることは当然のこととして,動作の中でいかに上手く患側を使うことができるか,評価し指導することが重要であると考えています。
  • bothlegjump01.jpgbothlegjump02.jpg
  • 今井覚志,小宮山一樹,大谷俊郎,松本秀男:膝前十字靭帯再建術後患者の両脚ジャンプ踏み切り動作の非対称性.日本臨床スポーツ医学会誌 18(2):335-342,2010

━━━今後の展開

  • スポーツ復帰を達成するためには,大腿四頭筋の筋力回復が重要であることは間違いありません。しかしながら,焦点を「受傷前と比べてどの程度のパフォーマンスで復帰できるか」とした場合,四頭筋の回復率との相関は認められません。痛み,バランス,関節不安定性など様々な要因が検討されていますが,我々は今後も運動機能の要因について研究し,安全で効果的なリハビリテーションプログラムを更新していく予定です。

      この件に関するお問合せはPT今井(imai@z2.keio.jp)までご連絡ください。

研究のご紹介

フィットネス方法の開発

健康寿命の延伸LinkIcon

動作解析

スポーツバイオメカニクスLinkIcon

運動と骨代謝

基礎的・臨床的研究LinkIcon

ACL術後リハビリ

リハプログラムの開発LinkIcon

加速度トレーニング

効果と最適強度の検討LinkIcon

ウォーキングマイレージ

運動療法継続のための仕組みLinkIcon

高強度インターバル

トレーニング頻度と効果の検証LinkIcon

メディカルフィットネス

効果と方法の検討LinkIcon

妊娠糖尿病

運動プロトコルの作成LinkIcon

腹部筋肉内脂肪

運動習慣と脂肪量の関係LinkIcon