スポーツ外科専門研修コース

DSC01190.JPG整形外科を中心としたスポーツ医学の専門的知識および技術を習得し,日本体育協会公認スポーツドクターおよび日本整形外科学会専門医の両方を取得することを目的とします。慶應義塾大学医学部スポーツ医学総合センター,大学スポーツ医学研究センター(日吉)での研修に加えて,整形外科学教室等
の協力のもと,教育関連施設での研修を含め,スポーツ外傷や疾患の予防と治療について,臨床に即した研修を行います。更に,循環器,呼吸器,代謝,運動生理学,運動心理学,メディカルチェック法などの整形外科研修だけでは学べないスポーツ医として不可欠な領域の研修も行います。

 スポーツ内科専門研修コース

P3050812.JPG運動療法による慢性疾患の予防や治療,心臓突然死など運動に伴う不慮の事故の予防策,アンチドーピング活動などスポーツ医学において内科領域が関わる分野の専門的知識および技術を習得し,日本体育協会公認スポーツドクターおよび日本内科学会認定医の両方を取得することを目的とします。慶應義塾大学医学部スポーツ医学総合センター,大学スポーツ医学研究センター(日吉)での研修に加えて,医学部内科学教室等にご協力頂き,教育関連施設での研修を含め,スポーツ障害や疾患の予防と治療について,臨床に即した研修を行います。

1年次
慶應義塾大学医学部スポーツ医学総合センター,慶應義塾大学スポーツ医学研究
センター(日吉), 医学部整形外科学教室,医学部内科学教室で専修医としての基礎を学びます。
2-3年次
教育関連病院にて,整形外科医,内科医として必要な処置,手術,診療を学びます。
4年次
慶應義塾大学医学部スポーツ医学総合センターあるいはスポーツ医学研究センター(日吉)にて,独立して臨床・教育・研究が行えるよう研修の仕上げを行います。
5年次以降
関連病院へ出張あるいは,慶應義塾内でスポーツドクターとして活躍いただきます。また,研究や後進の育成にも携わっていただきます。

DSCN2230.JPGヤクルトスワローズ春季キャンプでの研修

教育拠点病院

慶應義塾大学医学部 スポーツ医学総合センター

協力依頼施設

慶應義塾大学 スポーツ医学研究センター
整形外科学教室およびその関連施設 (外科コース)
内科学教室およびその関連施設 (内科コース)
北里大学北里研究所病院
江戸川病院 (外科コース)
国立スポーツ科学センター (内科コース)

プログラム指導者

松本秀男教授

東宏一郎専任講師

勝川史憲教授 (スポーツ医学研究センター)

石田浩之准教授 (スポーツ医学研究センター)
.

取得目標の資格

日本体育協会公認スポーツドクター
日本整形学会専門医 (外科コース)
日本内科学会専門医 (内科コース)
日本医師会認定健康スポーツ医

学会・研究会など

日本臨床スポーツ医学会,日本整形外科スポーツ学会,日本体力医学会
日本整形外科学会,日本内科学会,日本糖尿病学会,日本循環器学会...など。
American College of Sports Medicine,American Orthopaedic Society for Sports Medicine
International Society of Arthoscopy Knee surgery and Orthopaedic Sports Medicine
International association for obesity,American Heart Association....など。

スポーツ医学総合センターでは,.学位研究も行えます。幅広いフィールドから,臨床および基礎研究を選択して活動することができます。