golf swing.jpgWS000042.JPGWS00004011.JPGP2260788のコピー.jpg

運動療法継続のための新しい仕組みの構築

━━━ウォーキングマイレージプロジェクト

  • IMG_0380.JPG多くの生活習慣病に対して運動療法が有効であることは明らかです。しかし,様々なメディアを通じて情報発信がなされているにもかかわらず,現代社会における個々人の生活は非活動なライフスタイルに向かっています。最近のスポーツ医学の分野では運動療法の方法論のみならず,“それを如何に導入し,如何に継続させるか?”が議論の中心となっていきています。いろいろな施設で種々の試みがなされていますが,われわれは厚生労働省糖尿病戦略研究事業の一つである,ウォーキングマイレッジプロジェクトの共同研究に参画しています。

━━━今後の展開

  • ウォーキングマイレッジは歩いた歩数によってポイントがたまり,それが社会貢献役立つという仕組みを構築し,これを動機付けとして歩くことを日常生活の中に取り込むことで,健康的な生活習慣を形成することを目指します。現在,いくつかの企業社員を対象に試行的に行なった先行研究が終了,一定の評価が得られました。将来的には外来の患者さんを対象にこの仕組みを導入することを考えています。

研究のご紹介

フィットネス方法の開発

健康寿命の延伸LinkIcon

動作解析

スポーツバイオメカニクスLinkIcon

運動と骨代謝

基礎的・臨床的研究LinkIcon

ACL術後リハビリ

リハプログラムの開発LinkIcon

加速度トレーニング

効果と最適強度の検討LinkIcon

ウォーキングマイレージ

運動療法継続のための仕組みLinkIcon

高強度インターバル

トレーニング頻度と効果の検証LinkIcon

メディカルフィットネス

効果と方法の検討LinkIcon

妊娠糖尿病

運動プロトコルの作成LinkIcon

腹部筋肉内脂肪

運動習慣と脂肪量の関係LinkIcon